ホーム > 採用情報 > 先輩インタビュー1

 

先輩インタビュー1 頼れる先輩たちのおかげで、新しい現場でもスムーズに仕事を進められます。:土木本部  米川 貴明(2015年4月入社)

現在の仕事の内容を教えてください。

現在担当しているのは、国道の災害復旧と6車線化に伴う道路改良舗装工事です。その中でも、主に測量業務や現場の安全管理を担当しています。実は入社時に配属されたのは海上工事で、波崎漁港の護岸工事をしていました。特殊な業務が多く、やっと覚え始めた頃に現在の道路工事に移動。正直、当初はとまどいがありました。現場が違うと造るものがまるで違うので、まさに新人に戻ったようになるからです。そんな不安をスムーズに解消してくれたのは、同じ現場で働く上司たちの指導。丁寧な説明や、疑問点に対する迅速な解答、ミスをした時の的確なアドバイスなど、心強いサポートのおかげで、徐々に理解を深めることができました。今後、新しい仲間が入社してきた時には、私も先輩たちと同じように頼られる存在になりたいと日々邁進しています。

インタビュー1

この仕事で一番必要なことは何ですか?

インタビュー1

コミュニケーションですね。技術や知識、仕事の丁寧さはもちろん必要ですが、どのようなプロジェクトでも、一番重要なのは会話だと思っています。例えば道路工事ならば発注者、私たちのような元請事業者、現場で働く作業員の方たち、そしてその道路を利用する地域住民など、さまざまな方たちが関係しています。発注者と工事全体の協議を行い、作業員とは期間内に施工管理を進めるための綿密な打ち合わせをし、地域の方たちから意見や要望があれば耳を傾ける。それぞれの思いや考えを伝え合い、最善の行動をしていかなければ、生活に役立つインフラストラクチャーを築くことは出来ないからです。

将来の目標を教えてください。

大学卒業後、3年間の実務経験をもって受験資格が与えられる、一級土木施工管理技士の資格を取得することです。この資格をとることで、さまざまな土木工事において施工計画を立案し、工程などの施工管理を行い、現場の管理を行う一員となることができます。当社は道路をはじめ、河川、海洋、上下水道など多種多様にわたり、大規模なものまで施工しています。現時点では自信を持って“任せてください”とは言えませんが、経験や知識が無い不安よりも、さまざまな分野を経験して知識が得られる楽しみの方が勝っているので、今から資格取得のために万全の準備を進めています。そして地域の方たちはもちろん、会社にも貢献していきたいですね。

インタビュー1